安く抑えるには

弁護士費用が高額であると悩んでいる方がいます。それでは弁護士費用を抑える方法はないのでしょうか。

そのまえに弁護士費用を安くすればそれが一番良いという考え方はやめましょう。いくら費用が安かったとしても、自分の求める結果が得られなかったならば意味がないのです。費用が相場通りならば、優秀な仕事をしてくれる弁護士に依頼する方が納得できる結果は得られやすいでしょう。

もし交通事故にあう前に自動車保険の弁護士特約に加入していたならば、これによって弁護士費用を支給してもらうことができます。300万円が上限となっているため、万が一の際にも安心できるでしょう。

インターネットを活用することによって弁護士費用を比較することができます。それによってある程度参考になるでしょう。弁護士に依頼をするまえに自分で自賠責保険の被害者請求をしておくと、自賠責保険金については報奨金が発生しなくなるためお得になります。ただし、場合によっては最初から弁護士のサポートを受けた方が良いケースもあります。また、裁判を起こしたならば、それによって損害額の1割を弁護士費用として認めてもらうことが可能です。これによって実質的に弁護士費用を抑えることが可能でしょう。

このようにさまざまな工夫によって弁護士費用を抑えることは可能です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士費用はいくらか

弁護士というのは法律のプロとしてあくまでも仕事としてサービスを提供しています。そのためそのサービスを受けるためにはしっかりと費用を支払わなければいけません。

まず弁護士費用にどのような種類があるのか紹介しましょう。まずは法律相談料が発生します。実際に依頼するまえに相談することになり、それに費用がかかってしまうケースは少なくありません。ただし、最近では交通事故の相談を無料で対応している法律事務所も増えています。次に着手金があります。これは実際に仕事を始めてもらうために支払うお金のことです。依頼料のようなものであり、そのため返還されることはありません。解決してもらったあとに支払う成功報酬が報酬金です。これは最終的に請求できた慰謝料の額によって変化することが一般的です。さらに日当や実費といったものがかかることもあります。

弁護士費用は現在自由化されています。そのためそれぞれの弁護士が自由に基準を定めても良いということになっています。そのため一般的な相場を説明するというのは難しいでしょう。たとえば1000万円の損害賠償金を得るために着手金と報酬金を合わせて100万円程度が必要となるケースは多いです。上手く高額な慰謝料を得ることができたならば、たとえ100万円を弁護士に支払うことになっても問題ないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket