弁護士費用はいくらか

弁護士というのは法律のプロとしてあくまでも仕事としてサービスを提供しています。そのためそのサービスを受けるためにはしっかりと費用を支払わなければいけません。

まず弁護士費用にどのような種類があるのか紹介しましょう。まずは法律相談料が発生します。実際に依頼するまえに相談することになり、それに費用がかかってしまうケースは少なくありません。ただし、最近では交通事故の相談を無料で対応している法律事務所も増えています。次に着手金があります。これは実際に仕事を始めてもらうために支払うお金のことです。依頼料のようなものであり、そのため返還されることはありません。解決してもらったあとに支払う成功報酬が報酬金です。これは最終的に請求できた慰謝料の額によって変化することが一般的です。さらに日当や実費といったものがかかることもあります。

弁護士費用は現在自由化されています。そのためそれぞれの弁護士が自由に基準を定めても良いということになっています。そのため一般的な相場を説明するというのは難しいでしょう。たとえば1000万円の損害賠償金を得るために着手金と報酬金を合わせて100万円程度が必要となるケースは多いです。上手く高額な慰謝料を得ることができたならば、たとえ100万円を弁護士に支払うことになっても問題ないでしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

About the Author

管理人